佐賀

【佐賀】「強盗をしてしまいそうです」 交番に訪ねてきた無職男(32)逮捕、リュックには包丁

1 :(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/06/17(土) 18:12:15.23 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/gD8tQNN.jpg 16日午前8時半ごろ、佐賀県佐賀市の佐賀駅前交番に男が訪ねてきた。

道を尋ねたいのか、落とし物を届けにきたのか。
警察官が「どうされました?」と声をかけると、男は一言、「強盗をしてしまいそうです」。

差し出したリュックサックの中には、刃渡り17センチの包丁が入っていた。
佐賀北署は銃刀法違反の疑いで、住所不定、無職の男(32)を現行犯逮捕。
所持金が乏しくなり、強盗をしようと考えたらしい。

「強盗はよくないと思い直し、交番に行った」
男は「強盗はよくないと思い直し、交番に行った」と供述しているという。

署の幹部の受け止め方は複雑だ。
「強盗をしようとしたことは褒められたことじゃない。でも、被害を出す前に思いとどまってよかった」

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/438544

Read more
佐賀

【佐賀】ベトナムで人気、「しまむら」で盗むよう指示か 起訴されたベトナム国籍の男

1 :ばーど ★:2017/04/30(日) 21:10:52.12 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/hEnQM6v.jpg 万引きを繰り返したとして、窃盗罪などで佐賀地検から起訴されたベトナム国籍の男3人が、特定の量販店やディスカウントストアの商品を盗むよう指示されていたことがわかった。
ベトナムでは、日本で販売されている品物の人気が高いといい、捜査関係者は「カラフルな商品に需要があり、今回はそれを集中的に狙った犯行」とみている。

3人は昨年10月から11月までの間、佐賀県内や熊本県の大手量販店の衣料品など51点(計約30万円相当)を盗んだとして起訴された。
3人は役割を分担し、1人が商品を選び、1人がバッグに入れ、残る1人が店外に持ち出す手口を繰り返していた。
今月19日、佐賀地裁は3人に懲役2年〜2年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

捜査関係者によると、3人のうちリーダー役の男は、ベトナムの衣料品店経営者からフェイスブックで店や商品、買い取り価格を指定されていたと供述。
店は「しまむら」「ドン・キホーテ」「スポーツオーソリティ」「ユニクロ」などで、ダウンジャケットやスポーツシューズなどを盗むよう指示され、実行した。

「日本での販売価格の50〜70%が利益として入っていた。現地の富裕層などに人気があった」と供述したという。

公判では、盗んだ商品は東京都などの拠点となるアパートなどの一室に郵送され、仲間が現地に直接運んでいたことも明らかになった。
佐賀県警は組織の実態解明に向け、さらに捜査を進めている。

配信 2017年04月30日 20時54分

YOMIURI ONLINE ニュースサイトで読む
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170429-OYT1T50057.html

Read more
佐賀

【佐賀】地元紙に「ツタヤ図書館」批判の投書掲載、市の幹部らが投稿者宅を訪問 市議会でも市議が投稿者を批判

1 :ティータイム ★:2017/03/30(木) 10:13:40.05 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/opEgKl7.jpg 朝日新聞 2017年3月30日09時24分

レンタル大手「ツタヤ」を展開する会社が全国に先駆けて指定管理者を務めている佐賀県の武雄市図書館に関して、
市民が市の施策を批判する投書を新聞にしたところ、「事実誤認」があるとして市幹部らが投稿者や家族を訪問した。
市議会一般質問でも市議が投稿者を個人情報を交えて批判。こうした直接の働きかけについて「圧力になりかねない」「反論は紙面ですべきだ」という指摘がでている。

投稿者は「市図書館・歴史資料館を学習する市民の会」代表を務めている同市の70代男性。市図書館の郷土史の展示スペースのあり方などについて市政を批判する内容で、3月4日付の佐賀新聞に掲載された。

市こども教育部は、内容の数カ所が市の見解と異なり「事実誤認」だと判断。3月6日に水町直久理事ら3人が男性宅を訪れた。男性は「一部説明不足や数字の誤りはあったが、自分の主張に間違いはない」などと話したという。
翌7日には諸岡隆裕・こども教育部長が男性の家族の職場に行き、投稿内容について説明した。

水町理事は「説明不足の文章で、みなさんが勘違いされても困る。知っている仲なので、直接会って我々の考え方を理解して頂きたいという思いだった」。
諸岡部長は「ご家族とは仕事上で付き合いがある。市議会の一般質問の中で話題に上がる可能性があるともお伝えした。ご家族は恐縮されていた」と話す。

9日の市議会一般質問では、山口昌宏市議が投書を「あることないこと書いてある」と批判。市側に対応などをただした。
山口市議は男性を名字で挙げたうえで、家族について職業や、仕事柄、市図書館にも縁があることに触れ、「そういう中でこの投稿は通常ありえない」「当たり前のことを書かないで、皆さん方に迷惑をかけている」などと男性を批判した。
 
山口市議は取材に「事実誤認について市民に知らせるためには、公の場でしっかりやった方がいいと思った。圧力ではない」と説明。
「新聞にも出ているので名字は言ってもいいと思った。家族のことは多くの武雄市民が知っているので問題ない」と話した。

投稿した男性と家族は、市側の訪問について「圧力とは感じていない」という。ただ、市議の発言については、男性は「家族は関係ない。何でそういうことを議会で言うのか真意をはかりかねる」と話す。

■「圧力」「紙面で反論を」識者
佐賀大の畑山敏夫教授(政治学)は「市職員が投稿者や家族を訪問するのは、一般的に圧力となることが考えられる」と指摘する。
「事実誤認と言うのであれば、市は読者に伝えるためにも同じ紙面上で反論すべきだった。こういった前例があると、市民は気軽に投稿したり、市を批判したりしにくくなる」

畑山教授は市議については「議会で取り上げるにしても、個人を名指しして批判する必要はなかった。家族への言及も含め、配慮がない」と苦言を呈する。

http://www.asahi.com/articles/ASK3X4TRRK3XTTHB00D.html?iref=comtop_8_01

Read more
佐賀

【佐賀】帰省中、スナックで口論の末…耳かみちぎった40歳男逮捕 有田町

1 :のっぺらー ★:2016/12/31(土) 11:49:24.88 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/1jsLJXH.jpg 佐賀県警伊万里署は31日、帰省中にスナックで別の客と口論になり、仲裁に入った男性の耳をかみちぎったとして、
傷害の疑いで、大阪府和泉市の自称会社員の男(40)を逮捕した。
「身に覚えがない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は31日午前0時ごろ、帰省先の佐賀県有田町のスナックで
50代男性会社員の右耳にかみついて半分以上を引きちぎり、重傷を負わせた疑い。

署によると、容疑者は地元の友人3人と酒を飲んでいた。
駆け付けた署員が呼気を調べたところ、酒気帯び運転の基準値を上回る1リットル当たり0・2ミリグラムのアルコールが検出された。

以下ソース:スポニチ 2016年12月31日 11:30
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/12/31/kiji/20161231s00042000087000c.html

Read more