新潟

【新潟】ダム放流、下流で親子が流される 事前連絡・サイレンなし 新発田市

1 :ばーど ★:2017/06/18(日) 21:17:42.13 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/A5C88IV.jpg 新潟県新発田市の滝谷森林公園で17日午後4時ごろ、加治川の中で水遊びをしていた男児(9)と母親(45)が流される水難事故があった。
親子は救助されて軽傷。約4・5キロ上流にある県管理の加治川治水ダムが、羽越水害50年の記念行事にともなって放流量を増やしたのが原因だった。県が18日、発表した。

県河川管理課によると、17日午後2時ごろから45分間、放流量を一時的に減らして行事の参加者に放流の様子を近くで見せる「観光放流」をした。
その後、高まった貯水池の水位を下げるため放流量を通常の2倍以上に増やしたが、下流への事前連絡やサイレン警告などはしなかった。

男児は流された直後に公園職員らが浮輪を投げるなどして救出され、母親は100メートル流されて自力で川岸にたどり着いた。
男児はひざにすり傷を負い、母親は低体温症と診断された。通常30〜40センチの現場の水深は、事故時は85センチほどあったという。

同課は「観光放流は今回が初めてだった。下流に伝えるべきだった」と話す。(岩波精)

17日に加治川治水ダムで実施された観光放流の様子
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170618001850_comm.jpg
水難事故があった滝谷森林公園
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170618001848_comm.jpg

配信 2017年6月18日20時48分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK6L3WF1K6LUOHB004.html

Read more
長野

【長野】「シカが流されている!」 溺れてみるみる下流に…住民と消防、協力して救助

1 :ばーど ★:2017/06/02(金) 19:22:13.15 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/cwIvxIp.jpg シカが流されている——。2日午後、長野市の住宅街の用水路に突如、野生のニホンジカが現れた。用水路で溺れていたため、地元の人や消防隊員らが「救助」した。

長野市篠ノ井岡田に住む小幡彰緒さん(66)は午後2時ごろ、近所の用水路の中にシカを見つけた。
野生のシカが出没する場所ではないが、幅2メートルほどの用水路はこの日、水位が高く、流れも速かった。シカはみるみるうちに下流へ流された。

小幡さんはシカの両耳を手で押さえながら、消防へ連絡。駆けつけた長野市消防局の隊員が同3時すぎ、シカにロープを巻いて、数人がかりで引き上げた。
衰弱していたが、息はあった。「驚いたけど、助かってよかった」と小幡さん。

市いのしか対策課によると、シカは推定2歳のメスで体長約120センチ。上流から流されてきたとみられるという。山へ返された。(津田六平)

用水路を流されるシカ
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170602004518_comm.jpg
消防隊員らがロープを使って、用水路からシカを救出した
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170602004558_comm.jpg
消防隊員らによって用水路から救出されるシカ
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170602004557_comm.jpg

配信 2017年6月2日18時44分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK625FCQK62UOOB019.html

Read more