部活

【部活】中学校の部活動はブラック企業の元凶? 部活動と長時間労働の関係 [朝日アンケート調査]

1 :ばーど ★:2017/06/18(日) 20:18:03.60 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/cTODYEB.jpg 朝日新聞デジタルのフォーラムアンケート
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170616004810_comm.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170616004810_commL.jp

何が活動時間を左右しているのかを尋ねたところ、「前例踏襲・変えにくい空気」が多数を占めました。寄せられた意見をきっかけに、部活動と日本の長時間労働の関係を尋ねた質問には、「密接に関係している」と多くの人が答えました。
部活動のあり方をさぐる有識者会議の座長に、これからの改善の方向について聞きました。

議論の広場「フォーラム」ページはこちら [募集期間]2017年6月1日〜6月16日14時
http://www.asahi.com/opinion/forum/?iref=pc_extlink

■「前例踏襲」の雰囲気が…
活動時間を決めているのは? アンケートでは「前例踏襲」を多くの人が選びました。寄せられた声の一部です。

●「現在金沢市で中学生の娘は、平日は毎日7時までが部活動の時間です。帰りは真っ暗の中を歩いて帰ってきます。家に帰ると疲れてふらふらで、勉強どころではありません。
先日脚が痛くて我慢できないというので、整形外科に連れて行くと、筋肉を痛めているので安静にと言われました。で
も部活は休めない雰囲気です。上の子のときから何度か活動時間を短くしてほしいと学校に意見しましたが、他の学校も同じだからと流されてしまい、子供の学校での立場を考えるとそれ以上に強く意見することが出来ません。
今年度中と言わず、早急に部活のガイドラインを作って規制をかけてほしいです。子供に何かおこってからでは遅いです」(石川県・40代女性)

●「勝つためには練習時間の確保は絶対に必要であり、勝ちたい選手と勝たせたい保護者がいるのは事実です。
長時間練習すれば勝てるという幻想があり、県外の強豪校へ越境させる中学生もたくさんいます。
しかし、全員が長時間の練習を望んでいるわけではなく気軽に楽しみたい選手もいるはずです。そのような選手は残念なことに地元の中学校であっても顧問?保護者?が越境入部させている部活に入部できなくなります。
これは残念なことです。義務教育期間である中学校まではまず過熱する全国大会の意義を考えなおす必要があるのではないでしょうか。全国大会で優秀な成績を出す=優秀な指導者ではないはずです」(奈良県・30代男性)

●「息子が中学生で運動部に所属しております。1年生で入部したばかりです。部内のルールにとまどうこともしばしばです。1年生は、集合時間の1時間前に来ること、また先輩の試合中は正座で見学することなどです。
上の言うことには絶対に従わないといけない、という雰囲気があります。これは当たり前のことなのでしょうか。先輩のお母様に相談しましたが、縦社会だからという答えでした。
部活が日本社会構造の縮図であると少なからず感じています」(千葉県・40代女性)

●「他県で、10年以上中学校の教員をしていました。運動部の顧問がほとんどでしたが、前例踏襲しなくてはいけない雰囲気が強く、出場する大会を厳選したくてもできないこともありました。
私自身、運動が苦手な中での顧問だったので、生徒に申し訳ない気持ちでいっぱいな上に、保護者からたたかれてばかり(技術指導できる人に顧問をしてほしい、何でできないのに顧問なんだ等)でした。
とにかく『強いチームにしてほしい』『たくさん練習させてほしい』という保護者が一定数いらっしゃるのも確かです。学校の教師だけでなく、外部指導者等、色々な大人と関わっていくことが生徒たちの成長にも必要だと思います」(茨城県・40代女性)

●「今年度から『土日いずれかを休みとする。どちらも行った場合にはその週に休日を1日設ける』と学校で決めましたが、ほとんど守られてはいません。部活に熱心な教員は、何を決めても守ろうとはしません。
勝利することが評価される現実、土日の部活動手当が副収入化している現実、部活動が生徒のためなのか、教師のためなのかもあいまいです。
長時間労働を選択し、ブラック化を推進しているのは、行政ではなく、教師自身であることも忘れてはならないのではないでしょうか」(埼玉県・40代男性)

■「ブラック社会の元凶」に賛否

部活動と長時間労働の関係についても、多くの意見が寄せられました。

全文はソース先をお読み下さい

配信 2017年6月18日05時03分
朝日新聞デジタル

     
http://www.asahi.com/articles/ASK6H5S6VK6HUPQJ00M.html

Read more
社会

【社会】熊谷市の中学校、「学力が低い」「性的なことへの関心が強い」等、13名分の「非行生徒」資料を自治会に配布。SNSにアップされる

1 :記憶たどり。 ★:2017/03/15(水) 02:56:33.29 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/nJeVvWg.png http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000001-mai-int

◇「学力が低い」など記され自治会長らに 5人は顔写真も

埼玉県熊谷市の市立熊谷東中学校(西博美校長)が1月、自校の生徒
13人が非行などの問題を抱えているとして、地域の自治会長らを集めた
「非行防止ネットワーク会議」で13人の氏名と住所を載せた資料を配布していた
ことが分かった。このうち5人は顔写真も添え、個々の生徒について「学力が低い」
「性的な事への興味・関心が強い」などと記していた。非行防止に向けた学校と
地域の連携で、情報共有のあり方が問われそうだ。

同校は取材に「個人情報の取り扱いが不適切だった」とし、月内に
保護者説明会を開き謝罪するという。

同校は2015年から会議を年2回開き、今年1月の会議では自治会長、民生委員、
同校のPTA会長のほか市教委職員や熊谷警察署員など計17人が出席した。
同校は「地域のサポートが必要な生徒」として、1〜3年生男女13人の氏名などを
載せた資料を1部ずつ配り、ほとんどの出席者が持ち帰った。

会議翌日、資料にわが子が掲載されていると知った保護者が同校に抗議。
市教委と熊谷署の計2部を除き回収されたが、資料を撮影した写真が
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でアップされたという。

西校長は「課題のある生徒を地域の人と情報共有しながら育みたいと考えた。
昨年の会議で出席者から『生徒が分からないと対応は難しい』との指摘があり、
資料を作った。今後は見直したい」と話した。また、市教委は「会議に出席した職員は
疑問を感じたが、その場では発言しなかった。やはり望ましくなかった」としている。

市教委によると同種の会議は市内の小中学校6校で開かれ、市立大原中学校も
生徒4人の顔写真と氏名を載せた資料を配り、会議終了後に回収していたという。

Read more
ドリル不使用

【ドリル不使用】業者に廃棄依頼したハードディスクがネトオクに・美濃加茂市の中学校

1 :水星虫 ★:2017/02/23(木) 23:35:43.07 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/fjV8Mmq.png 廃棄したハードディスクが流出

*ソース元にニュース画像あり*

※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

岐阜県美濃加茂市の中学校で廃棄処分したパソコンのサーバーのハードディスクが
ネットオークションで販売され、生徒の氏名が外部に流出していたことが分かりました。
市の教育委員会は、パソコンの処分を委託した業者に説明を求めるとともに、
契約違反が判明すれば賠償を求めることも検討しています。

美濃加茂市教育委員会によりますと、去年11月、岐阜県外に住む男性から市内にある中学校に、
「ネットオークションで購入したハードディスクに生徒の氏名が残っている」
と連絡がありました。
教育委員会で調べたところ、このハードディスクは、去年8月、パソコンを更新するため、
古いパソコンとサーバーを廃棄処分した中学校のものだったことが分かりました。
ハードディスクには、平成21年度に在籍していた生徒と教員
およそ750人分の氏名が残されていたということです。

美濃加茂市が、パソコンを廃棄処分するため委託先の業者と交わした契約では、
データをすべて消去し、再利用できないようハードディスクも壊すことになっていました。

このため、教育委員会は、ハードディスクが流出したいきさつについて業者に説明を求めるとともに、
その過程で契約違反が判明すれば、業者側に賠償を求めることも検討しています。

02月23日 12時59分
http://www.nhk.or.jp/lnews/gifu/3084173781.html?t=1487860057000

Read more
アレルギー

【アレルギー】給食のドライカレーに小麦粉が使用されていたので2人に症状、1人は病院へ搬送される・米沢の中学校

1 :水星虫 ★:2017/02/24(金) 00:52:50.88 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/cJZmUo0.jpg 給食でアレルギー症状1人搬送

*ソース元にニュース画像あり*

※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

米沢市の中学校で、先週、給食でドライカレーを食べた生徒2人がアレルギーの症状を訴え、
このうち1人が病院に運ばれていたことがわかりました。

市教育委員会によりますと、2人は小麦粉のアレルギーがありましたが、学校側が生徒側に対して、
この日のドライカレーの中に含まれていることを事前に伝え忘れたということです。

米沢市教育委員会によりますと、2月15日、米沢市内の中学校で、給食でドライカレーを食べた
男子生徒2人が、食後、体にかゆみなどを訴え、
このうち1人は呼吸が荒くなり、救急車で病院に運ばれました。

生徒はいずれも回復し、今は通常通り学校に通っているということです。

市教育委員会によりますと、2人の生徒は小麦粉のアレルギーがあり、
ドライカレーに入っていたということです。
学校側は、アレルギーのある生徒に対して、事前に料理の食材を詳しく書いたメニューを
渡していますが、この日のドライカレーに小麦粉が入っていると書き忘れたということです。

米沢市教育委員会の佐藤哲教育指導部長は
「子どもたちの命に関わる大変重いことだと受け止めており、再発防止に取り組みたい」
と話していました。

山形県教育委員会によりますと、県内の学校給食で今年度、アレルギーと疑われる症状を訴えたのは、
小学校と中学校でそれぞれ3人のあわせて6人で、今回の米沢市のケースを含めると8人になるということです。

このうち、米沢市以外の6人はいずれも保護者と本人が把握していなかった
アレルギーの食材を食べて症状を訴えたケースだということです。
6人とも病院に運ばれ治療をうけましたが、いまは通常通り学校に通っているということです。

02月23日 20時39分
http://www.nhk.or.jp/lnews/yamagata/6024178781.html?t=1487864615000

Read more
教育

【教育】中学校の部活動に「休養日」設定、文科省が全国に通知…指導に当たる教員の負担軽減を図る

1 :かばほ〜るφ ★:2017/01/06(金) 17:05:09.90 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/TBk4etd.jpg 中学部活動に休養日=教員負担軽減で通知−文科省

文部科学省は6日、中学校の運動部の部活動について、休養日を適切に設定するよう求める通知を、
全国の教育委員会などに出した。2016年度の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(全国体力テスト)で、
2割超の中学校が休養日を設けていなかったことを受けたもので、指導に当たる教員の負担軽減を図る。

同省は、1997年に文部省(当時)の有識者会議がまとめた報告書を受け、
中学で週2日、高校で週1日などとする休養日の設定例を示してきた。
しかし全国体力テストの結果では、中学校の決まりとして設けている休養日は、
国公私立全体で週1日が54.2%、2日が14.1%で、22.4%が全く設けていなかった。
 
同省は17年度、実態調査を行った上で、適切な練習時間や休養日の設定に関するガイドラインを策定する方針。
松野博一文科相は6日の閣議後会見で「教員の業務負担軽減は喫緊の課題。部活動の負担を大胆に減らしていく」と述べた。
(2017/01/06-13:11)

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017010600439&g=soc

Read more